[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


雑誌の取材

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2015年 9月 3日(木)16時00分29秒 i125-203-122-119.s41.a026.ap.plala.or.jp
編集済
   先日あの家庭画報に掲載していただいた。
で、今日は Hanako 92ページに掲載していただいた。
Hanakoってマガジンハウスから出ていることや、全国紙であることを本日しりました。

 本来、取材を受ける前にどんな媒体なのか調べるべきなのに、
私ことカステラ ド パウロ の広報部は無料掲載ならホイホイ受けるから、、、、、
なにも調べない。失礼すぎるわ、わたし。
 本当に節操なくて、とにかくタダで宣伝してくださるところは大歓迎。なにせカステラ ドパウロポルトガル菓子店は宣伝費0やから。

今度からは取材を受けるときは、きちんとその取材さいてくださる媒体のことを知ろう。ライターさんやカメラマンさんにたずねよう。

 ホンマ、わたくしって、、、、。

http://castelladopaulo.com

 

京都ポルトガル菓子 夏の陣

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2015年 8月29日(土)11時06分32秒 i125-203-122-119.s41.a026.ap.plala.or.jp
   夏は日本のお菓子屋にとって苦難の時期ということは薄々聞いて知っておりました。
実のところ、ポルトガルでは従業員さんに1か月のバカンスが義務付けられておりますので、
個人商店は休まざる終えません。いつも7月から8月にかけて3週間店を休み、従業員さんは1か月をずらして休んでもらっておりました。事業主にとっては収入が全くないのに有給休暇、家賃、自分たちのバケーション費用などなどとても支出の多いのが夏。しかし町全体がバケーションモードでなんとなくだらけている(リラックスしているともいえる)感じで緊張感のない季節でありました。
 しかし日本の暑さは、もう「暑さ」じゃなくて「熱さ」。繁盛するのはかき氷屋さんばっかし、、、。ま、うちの場合両隣がかき氷をやってはるので、行列の待ち時間に入店してくださるおこぼれのお客様なんかもありました。でもホンマにホンマに菓子業者には苦しい時期であるのは数字を見て実感。こわー。もう、真っ青。

 ほな、この時間を活かそう!!

 ある暑い日、子供たちの夏休みの宿題の自由課題に「カステラ」を選んだ聡明な6年生がおりまして、4年生の弟君と二人一緒にパウロと工房でカステラの一部始終を観察見学(当然の事前話し合い&予約)。パウロが楽しそうだったのが印象的。またやりたいな。
 それで、その子たちのお母様が私らにお礼を持ってきてはったのであります。親の立場にたったら当たり前なんかなぁ?
 お金をもらうつもり全くなかった。

お金をうけとらない、そのことでポルトガルでもよく疑われ怪しまれた。

そやけど本心やねん。ほんまに本当にカステラのことやパォンデローのこと知ってほしいから工房見学も公開しているのやし、この件に関しては営利目的ではありません。
 のでお礼は受け取らなかった。

でもボランティアでやっているわけじゃない。
まぁー わかりにくいよねー、うちらのやっていることって。
とにかく日本の方にポルトガルのお菓子のことやカステラのことを知ってもらいたいの。
ポルトガル菓子の世界を日本中に広めたいの。

http://castelladopaulo.com

 

台風前の天神さん

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2015年 8月27日(木)15時34分32秒 i125-203-122-119.s41.a026.ap.plala.or.jp
   毎月25日はお迎えの北野天満宮に蚤の市が立つ。
京都の人は「天神さん」と呼んでいる。ちなみに毎月21日の東寺に立つ市は「弘法さん」と呼ばれております。
 この日は台風が来るとの天気予報が出ておりました。
昨年7月25日より(まだ店を借りる前の様子見)毎月見てきましたが、こんなに露天商が少ないのは初めて!なんかカスカスの蚤の市であります。特に水にぬれてはいけない呉服関係の露天商さんが不参加で、それを楽しみにしてきた外国人は途方に暮れて、カステラ ド パウロの喫茶へ突入。ここはどこ?というくらいこの25日のお客様は外国の方が多かった。しかも英語圏の方より、スペイン、イタリア、フランス、などなど。アジアのかたも多かった。
 なんか元のリスボンの店に戻ったみたいで楽しかった。
 最後の4人組のイタリア人のお客様は三十三間堂すぐそばのホテルへの帰り方がわかんない、とのことでしたので、バス停までお連れしバスに乗ってもらいました。しかも4人のグループの一人がモタモタしていたのでバスの入り口に足をかけて待つ、というこれまたポルトガルでやってたみたいなことをしておりました。
 有難いことに、まだスリ業の妨害や麻薬売りの追跡はやっておりません。
ふうーーーー、やっぱり25日は忙しいわ。天神さん自身に来る人が少なくてもカステラ ド パウロにはたくさんの人がきてくれはる、そんな嬉しい日であります。

あ、そうそうご近所さんのお二人からチリメン山椒をいただいた日でもありました。みんなで山分け。やっぱり美味しいチリメン山椒。この天神さんで売られているのは見た目も白っぽくて美しいチリメン雑魚に緑の山椒の実がごろごろしているタイプ。おすすめ。来月は生産者の名前をみとこ。

http://castelladopaulo.com

 

消滅そして復活

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2015年 8月25日(火)21時51分10秒 softbank126132087216.bbtec.net
  もう長い間ボンボン日記を書けなかった。
サーバーというものが辞められたそうだ。機械のことネットのこと全くわからない私ですので(右と左の区別も即できない)、こんなことが起こることにぶったまげた。
で、ボンボン日記の開設を何十年か前にわたくしに勧めてくださったKさんに泣きついた。今や社長の名刺を何枚もお持ちでそれで ババ抜き できるぐらいご出世されており、当然多忙なお方なのに、、、いつもニコニコ布袋様か大黒様みたいな彼はチョイチョイぃとボンボン日記を再開できるように設定してくださいました。
本当にありがとうございます。
必ず現れる救世主。
それが私の人生だ。
 

/8