[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


平野神社の桜

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 3月30日(水)11時05分6秒 softbank126094250244.bbtec.net
   「ごめんなさい、もう売り切れました。」
「すみません。もうないんです。」
3月29日はそんな言葉ばかりをお客様に言わなければならない日でした。

またスタッフに仕事上の注意をして泣かせてしまった日でもありました。

だから、自分のこころをなぐさめに、仕事が終わってからパウロと平野神社へ桜をみにいきました。
赤い毛氈のしかれた屋台で日本酒を1合(500円 やや甘口。私は辛口が好きなのでやや不満。)飲む。
パウロはべつの屋台で購入した焼きトウモロコシを食べる。

毛氈の上に寝っ転がって夜空を見上げると桜がいっぱい。桜って寝っ転がってみるのもまた美しい。(パウロにも寝っ転がりを勧めたが軽く拒絶された。)

周りのお客様の会話に耳を傾ける。仕事のはなし。昨日食べた美味しいランチの話。仕事仲間の噂話。

桜をみて気持ちがどんどん安らぐ。
「こんなお花見、こんな花見酒したかってん、私。これぞ日本で暮らす人の特権やんなぁ。それに誰でも見れる。
幸せな気分やわ。」とパウロに言う。
「まだ日本酒のみほせてへんのん?俺もうとっくにトウモロコシ食べたのに、、、、、」
(あのね、1年に1週間くらいしか桜の花は楽しめへんねんでー。)

もうすぐカステラ ド パウロ の1周年。時間に負けんようにええもん作っていこーっと。
 

先客万来

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 3月28日(月)14時36分49秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
   今日は遠来のお客様が多い日。
東京方面からのお友達お客様が多い日。
特にちびっこお友達お客様は嬉しい。みんな手伝ってくれるし、
本当のところとても助かったわ。

 それと最近ポルトガルからのお客様も多い。
日本ではあまりわがままなお客様がいてはらへんから、
ポルトガルで店をやってたときみたいに
我がままなお客様が多くて、毎日ヒーヒー言っていたことが、ちょっぴりなつかしくもなる。
 そやから「わがままなお客様」がたまにきてくれるとがんばっちゃう自分がおかしく。

 それと日本での菓子&カフェ業務になれるのに1年かかりました。
ようやく裏の事務仕事もなんとなく薄々理解してきました。
ポルトガルでは経理士さんに丸投げやったからなぁ。エクセルでの賃金台帳も目はつかれるけどそんなにつらい作業ではありませんわ。

 1年たつということはポルトガルに支店を立ち上げることがあと9年にせまった、ということか。気をひきしめてやっていかないと2025年ポルトガルでのカステラ道場立ち上げが遅れちゃう。気合、気合!
 
 

ポルトガルのイースター

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 3月27日(日)08時47分7秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
編集済
  上七軒の芸舞妓さんたちの春の舞 北野をどり もはじまり、店は大忙し。
毎日ふーふー言いながらこの仕事マラソンを楽しんでおります。
だって今度近所にスペインバルができるそうなので、仕事帰りの立ち飲みができると思うと
もう嬉しくて!

 そうです、昨日の毎日放送のちちんぷいぷいの撮影(和田ちゃんのそんなん初めて食べましたのコーナー)はとても長引いた。
その理由は?
 とても詳しくナタの作り方を撮って下さったから。
だから同業者の人にとてもみていただきたい。
「ポルトガル菓子の世界を日本中の人に知ってもらうため。」に
日本へ引っ越してきたから。
隠すことなんてないから。
 パウロが工夫して作っているポルトガル人が大好きなお菓子NATA(ナタ)。
(ふん、偉そうに。)って言われるだろうけど、全然かまへん。
エッグタルトやナタを作って売っている人たちがパウロの作り方をみて改善改良して、より本物、本場ものに近づいてくれたら嬉しいことです。
 だから仕事でエッグタルトやナタを作っておられる皆様には、当日の映像を録画していただくことをお勧めいたします。

 そやそや大切なこと忘れちゃいけない。
今日はPASCOA(イースター)です。FOLAR(フォラ―ル)をただ今発酵させております。ポルトガルのイースターの行事食ですからお忘れない。日本にいてるのに贅沢を言わせてもらえば仔ヤギちゃんの丸焼きなどあれば全くいうことなし!

 
 

ちちんぷいぷいの撮影

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 3月25日(金)17時00分42秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
  昨年の4月7日に操業して毎月25日の天神さんの様子をみてきました。今日で、12回分、つまり1年分の天神さんを経験することになります。
 しかし、今日の天神さんは毎月のとは異なる。
朝8時から毎日放送「ちちんぷいぷい」の撮影が入っております。
漫才の「男と女」というコンビの和田ちゃんがレポーター。和田ちゃんはできたてのナタを立て続けに4つも食べる強者なんやけど、とてもチャーミングな乙女でありました。今度の祇園の吉本の舞台をみにいくことにしました。
 しかし撮影は長引き、ほぼ閉店時間まで続きました。
放映は4月5日の夕方だそうです。好ご期待!!



 

もうすぐ桜

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 3月22日(火)11時03分30秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
   なんとかお彼岸の連休をのりきりました。
ふぅー。

 3月25日は京都の春の始まり。
まずは上七軒の芸舞妓さんの舞、北野をどりの初日です。13時30分と16時の2回公演。
チケットは4300円。お茶席付きは4800円。

 桜の名所 平野神社でも3月25日から花見屋台でます。(わー日本酒飲んで花見ができます。どうして梅の木の下で酒を飲みながらっていうお花見ないのかしら?ま、勝手にやればええことやね。)

 二条城のライトアップも3月25日から。

まぁ、3月25日はいつものように天神さん(蚤の市)もあるし、それにカステラ ド パウロ ではテレビの撮影もあるし、、、大変、大変。

 2015年4月7日に日本の京都で開業させてもらってからもうすぐ1年になる。天神さんも3月25日のを経験すれば1年の天神さんを経験したことになる。ご近所さんともお付き合いもうまくできているように思える。確定申告もしました。いろいろな新しい経験をさせてもらた1年。50歳すぎても新鮮な出来事はいっぱいあるんやな、としみじみとかんじているところです。
 そして1番印象深いことはポルトガルで出会ったたくさんの人たちが
再会しにわざわざ京都まできてくれたこと。このことは本当に感慨深いものでした。
 みんなのポルトガルの大切な思い出の中にしっかりと私やパウロやJONIのことが刻まれているんやなぁ。
 本当にありがとうございます。嬉しいことです!!!
 

モネ展

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 3月18日(金)06時52分35秒 softbank126094195073.bbtec.net
  3月1日から5月8日まで京都市美術館でモネ展を開催中。

入館料1600円はチト痛いが足をはこぶことにした。

平日の16時なのに(閉館17時)結構な人出。
「印象日の出」前は特に人気の人だかり。
「日本の橋」という作品も印象深かった。

そんな中私は(この中のいったいどこにルパン三世やフジコがいるのか)観察した。
(贋作とかもあるのかなぁ?)と考えた。
(JONIは贋作を描けるのかしら?)とも考えた。

いつも余計なことばかり考えてしまう。いけません、いけません。

美術館を出て古川商店街を散策。相変わらずさびれているけど、お惣菜やさんのおでんが美味しく
ついでに晩御飯のおかずも購入。おでんのお出しは利尻昆布でとっているんだって。
お惣菜の白和えは隠し味にピーナッツバター入りだそう。美味、美味。

気持ちのいい休日の夕方でした。
 

気が付けば後1か月

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 3月 7日(月)17時13分24秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
  なんだか知らない間に春がきた。
店の向いにある北野天満宮の参拝者用駐車場の入口にある3本の梅の木で、1番東側つまり我がCastella do Pauloに近いのの花が全部落ちた。後の2本は満開で、大鳥居をくぐってすぐ東にある大きな梅の木は濃いピンクのつぼみがぎっしり鈴なりになっている。
開花が楽しみです。

と同時に北野天満宮の宝物殿では刀を展示しておられます。入場料はなんとたったの300円。平安時代後期のの太刀から昭和時代のものまで40振りを公開。お見逃しのないようにお願いいたします。オーナーシェフ パウロ ドゥアルテのおススメの特別展です。

そのあとは、もちろんポルトガル菓子店カステラ ド パウロでおくつろぎくださいませ。

ところで気が付けばあと1か月で満1歳の誕生日を迎えるカステラ ド パウロです。少しずつ認知度を高めておりますし、サーヴィスの向上も心掛けております。シェフも週末にはポルトガル人以外は知らないお菓子をドンドン発表しております。

1か月後、大切な記念日だからお客様に喜んでもらえるようなイベントを4月7日、8日の2日間でやりますね。お約束いたします。
 

ひな祭りの勇気

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 3月 3日(木)12時58分20秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
   毎日すごい梅の花パワー。
梅の花に引き寄せられて集まる人、人、人。

 晴れの日も美しい梅の花。
 雪化粧も美しい梅の花。
 雨にあったても美しい梅の花。

そんな中で、滋賀県のカフェでカステラを焼いている女性が突然やってきた。
「カステラが上手く焼けません。どうしたらいいのでしょう?」

(お手伝いするしかないでしょ。ささ、白衣に着替えて帽子かぶって、エプロンして
から消毒して工房に入って!)

パウロがカステラを焼きながら一つ一つの工程を丁寧に説明している。
彼女はうちで借りたペンとメモ用紙で懸命にメモをとっている。
彼女もまさかこんな展開になるとは思っていなかったことでしょう。
でも、カステラ ド パウロ ではなるんですよ。

私もポルトガルで「そのお菓子を作っているところを見せてください!!!」とその場でお願いして、いつもいつも希望を叶えてもらっておりました。本当に厚かましいにもほどがある行為ばかりし続けてきました。
だから、ほかの人にはなるけれど、お返しをしないと、ね。

恐れずに勇気を出して行動してくれたことがええやん。
若者は前にすすまないといけませんので、恐れることはタブーです。
うちの店でそういう行為をすると、その勇気の分だけ、いえいえそれ以上に返ってくるはずやから。

今日はひな祭りで、梅の花をイメージしたメレンゲ(ススピールシュ)をみなさまにふるまっております。
 

梅、梅、梅の花

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 2月28日(日)09時15分20秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
   もうお正月から我がカステラ ド パウロの真ん前にある京都 北野天満宮の参拝者用駐車場入口にある梅の木は濃いピンクの花を咲かせていた。そして今も咲かせている。
 梅苑(入場料700円 老松さんのお菓子付き)も境内の梅の花も、見ごろ、見ごろ。
寒いときに明るい色(赤、濃いピンク、薄いピンク、白、黄色などなど)で咲き、しっかりと枝にぎゅーっとしがみついてみる人を喜ばせる。

 とにかく梅の花がきれいですし、良き香りでございます。どうぞ京都 北野天満宮へお花見にお越しくださいませ。そしてそのおかえりにポルトガル菓子店カステラ ド パウロでゆっくりしていってくださいませ。本日もなるべく売り切れを出さないようパウロは朝2時から頑張っております。
 みなさまのお越しをおまちしております。
 

雄鶏のビスケットのお話

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 2月23日(火)19時12分7秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
   これは、ポルトガル北西部ミーニョ地方の町バルセロシュの黒い雄鶏にまつわるお話です。
 昔々、ミーニョ地方のバルセロシュでは楽しく穏やかに人々が暮らしていました。ところがある日、町一番のお金持ちの家から銀食器ひと揃えが盗まれるというとんでもない事件が起きました。町中大騒ぎとなりましたが、犯人の見当などつくはずもなく、人々の間には不安や疑いが広がり始めました。それでも自分たちの中に盗人がいるとは思いたくありませんでした。
 ちょうどその頃、国境の向こうにある聖地を目指して巡礼中の一人の青年が町の宿に泊まっていました。人々はこの青年が犯人だと決めつけ、判事に告げました。青年は無実を訴え続けましたが、とうとう牢屋に入れられてしまいました。町の人々も判事も一安心し、判事の家では予定していた友人たちとの夕食会が始まりました。このために用意していた鶏の丸焼きもこんがりと美味しそうに焼けています。
 一方、牢屋に入れられた青年は、どうしてももう一度判事に無実の証明をしたいと繰り返していました。仕方なく判事もこれを聞き入れ、青年は判事とその友人たちの前に連れてこられました。が、実のところ青年には何もよい策がありませんでした。あたりを見回し、運を天に任せて思い切って言いました。
「僕が無実だということは、その鶏の丸焼きが今ここで三度鳴くということと同じくらい確かです」
 あまりにばかげた言葉だと判事が改めて青年を牢屋に入れるよう命じかけたその時、なんと鶏の丸焼きは立ち上がり、コッコロコッコーと三度鳴いたのです。そこで青年は釈放され、無事に巡礼の旅を続けることができました。
 こんな話が伝えられ、バルセロシュの雄鶏は「真実は何ものにも勝り、それによって幸運はもたらされる」ということを思い出させる象徴となっています。

現在ではバルセロシュで作られた<幸運を呼ぶ雄鶏>の置物はポルトガルのどの家にも飾られています。

カステラ ド パウロではポルトガル内陸部ベイラアルタ地方の伝統的なトウモロコシの粉を使用したビスケットに<幸運を呼ぶ雄鶏>の焼印を押してみました。
トウモロコシも16世紀にポルトガル人によって日本へ伝来した食物の一つです。今でも京都ではトウモロコシのことを「なんば」とよびます。
繊維質たっぷりのトウモロコシ粉入りビスケットで体調を整え、さらに幸運も手に入れてください。
ボア  ソルテ
Boa Sorte !(幸運を!)
 

まかない料理

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 2月23日(火)19時09分6秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
  だいたいお昼は私がみんなにまかない料理を作る。
ポルトガルへ行ったことのない人もうちで働いているので
ポルトガル料理を作る。
食べてポルトガルを感じてもらうというのが狙い。
で、ポルトガル料理には必ずと言っていいほどにんにくを使う。

今日、いつも来てくださるお客様からにんにくのにおいがする、と指摘されてしまいました。
うちのスタッフもにんにくを食べているのでお互いはお互いのにおいなんてわからない。

あぁ、、、これからはにんにく抜きのポルトガル料理にしよ。
ちなみに今日のメニューは赤ピーマンペーストに漬けた鶏とズッキー二、赤ピーマンのソテーに皮付きジャガイモのオーブン焼きをげんこつでつぶしたものを付け合せた。スープはジャガイモ、玉ねぎ、にんじんベースで具はキャベツとニンジン。

ポルトガルではよい香りといて受け入れられているけれど、、、日本は違うから。お客様に言われるようじゃダメダメ。
 ポルトガルでは香水をつけておりました。あるとき、朝の買い出しでリベイラ市場に行くといつもの八百屋さんの女将さんが後ろをむいて作業をしていたのですが、振り向いてこういったの。「あんただってわかってたよ。その香りでわかる。」
翌日から香水をつけるのを辞めた。だって食べ物を扱う仕事だもんね。

お菓子もお店もお客様も大切にしたいから、にんにくなしで料理します。
正直に「にんにくのにおいがする」って言ってくれたお客様に感謝、感謝。
 

梅 見頃

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 2月21日(日)22時44分59秒 softbank126074127221.bbtec.net
  北野天満宮の梅、見頃です。
昨日が雨だったせいでしょうか、店の真ん前の参拝者用駐車場(1時間無料)入り口すぐ南の今日の梅の花は
いつもより艶のある濃いピンク色になっているようにみえました。
今頃の天満宮さんには受験生もさることながら、お礼参りの参拝者も多いようです。

我がポルトガル菓子店カステラ ド パウロにもたくさんのお客様がおいで下さいました。
4月で日本で開業して1年になります。本当に季節が巡るのは早いもの。
この25日はうちの店にとって初めての梅花祭の日の営業となります。
ご近所さんからは「凄い人出やで!覚悟しておいたほうがええで!」と、またまたおどかされる。
このチャンスの日にポルトガル菓子の紹介をしっかりやらんといけません。

チャンスがきたらチャンスを活かす!

うちの店の扉の中はポルトガルワールドにしとかんとね。




 

ファイトを沸かせる注文!

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 2月17日(水)23時39分13秒 softbank126074114107.bbtec.net
  注文の多いお客様がやってきた。
「僕はベジタリアンだから、それに合ったなんかをもってきて!なんでもいいから。」
「干したらのコロッケもダメ―」
「チキンパイもダメ―」
「野菜スープには鶏のゆで汁も混じっているからダメ―」

というわけでメニューにはありませんが全粒粉のパンにカーマンベールチーズをのせてトーストしました。
赤ピーマンがあったので素早く直火であぶってマリネにしました。
オリーブオイルでオムレツも作りました。

実はポルトガルでは多くのお客様のわがままを聞き入れる店でしたので、メニューにないプレートを頼むお客様は日常茶飯事。だからこんなのおちゃのこさいさいなのです。

久しぶりにちょこっと我儘な注文をされて、私は正直嬉しかった。
ま、ポルトガル人のお客様だったということもあるのだけれど、、、、。
こういう注文にはファイトが湧きます!

このお客様は夕方にまた戻ってきてくれました。
うへっへー。
 

セリカイア

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 2月15日(月)10時49分56秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
  昨日のバレンタインデーはすごく気温があがった京都 北野天満宮界隈です。
北野天満宮では3月末ぐらいまで梅苑を公開されています。
気温が上がったからか、はたまた最後の祈願をかけてか、大勢の参拝客が訪れる天満宮です。
ということで、我がカステラ ド パウロでお茶をされるお客様も多かった。

昨日はバレンタインデー。ポルトガルでは恋人たちの日。
カップルでご来店いただき、すてきなバレンタインデーの思い出作りにお役にたちたいカステラ ド パウロ だったのですがいかがでしたでしょうか?

日曜日ですので、ポルトガルからもってきたセリカイアの型(というか大きな深皿)で大きなセリカイアを焼いてショーケースの上に置きましたところ、あまりにもそのインパクトが大きかったみたいで
お持ち帰り、店内でご飲食でアッという間に18等分したものが売り切れてしまいました。

このセリカイアというお菓子、ポルトガルのアレンテージョ地方エルヴァシュのサンタクララ修道院で作られていたもの。もとをただせば16世紀後半にインドの副王だったコンスタンティ―ノによりポルトガルに伝えられたものを考えられております。表面はたっぷりのシナモンパウダー、その中身はベークドスフレにも似ており、とても優しい味わいなのです。このセリカイアはやはりこの陶器の焼き型でないと出せない味わいがあるので、ポルトガルから持ってきて本当によかったものの一つです。こんなんで焼いている、というのを直に日本のお客様にみていただけるだけでも幸せな気分になります。

中身が全部売れたお皿を洗って拭いて乾かすときに、このお皿にすごい愛情を感じている自分がおります。もっともっとポルトガルのお菓子紹介していきますよ。
どうぞよろしくお願いいたします。
 

カーニバルの土曜日

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 2月 7日(日)14時39分29秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
  ヨーロッパのカトリックの国ではどこも仮装を楽しむ人がたくさんまちに繰り出す今週末。
昨日から火曜日までの4日間
ポルトガルの街のカフェみたいにスタッフみんなで
仮装してお客様をお迎えしております。

もちろん店の入り口、外の壁にも「カーニバルですので楽しい気分になっていただきたく仮装して接客させていただいております。」と告示。
店内は5色の紙テープを使ってパーティ風にデコレーション。
ホールスタッフは赤、緑、オレンジのアフロヘア―。パウロはスーパーマリオ。パウロのアシスタントはニワトリ。私は顔に縫い傷痕のある魔女。
 お客様にも仮装で喫茶をしていただけるように仮装グッズを用意しております。
昨日の夕方にお2階で喫茶をご利用された方はみんなウサギの耳をつけたりカツラをつけたりと各々各自で楽しんでおられました。

案外誤解されないことがわかりました。
リスボンではカステラ ド パウロ といばロリータファッションの人たちが集う場所でした。京都のロリータファションさんもおいでくださいませ。大歓迎ですよ。
 

カーニバル

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 2月 6日(土)13時20分52秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
  ついに来た、この日が。
ヨーロッパのカトリックの国はどこもカーニバル週間で、
火曜日の本番の前にこの週末はいろんな街でカーニバルの仮装行列
を楽しむ人でいっぱいでしょう。

我がCastella do Pauloのコンセプトは日本中の人にポルトガル菓子の世界とその背景にあるカルチャーを伝えること。
だから、本日(6日)、明日の日曜日(7日)、月曜日(8日)、火曜日(9日)の4日間はスタッフ一同仮装をしてお客様をお迎えしております。

仮装をしてご来店いただいてもよし、店内に用意してある仮装グッズを着用してもらってもよし。楽しい気持ちになってもらえば幸いでございます。

もともとカーニバルというのはキリスト教の四旬節(断食、節制)に入る前に
楽しんでおこう!ということで仮装したり、たわいもない悪戯をしたりするんです。
あ、でも今は宗教と関係なく「仮装行列をする日」「水風船を投げられる日」「水風船をなげる日」という感じの日になっております。
おそらく幼稚園や小学校では昨日の金曜日に仮装行列を街中でやったことでしょう。
ポルトガルのアレンテージョ地方では揚げ菓子の中に綿をつめたり、赤トウガラシを詰めたりすることもあるんですよ。
ま、ちょいっとユーモアとエスプリの精神を発揮して楽しみましょう。箸休め、みたいな労働日です。
 

節分

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 2月 3日(水)13時32分53秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
  今日は2月3日の節分です。
北野天満宮でも追儺式が行われております。

我がCastella do Pauloでも節分の福豆にあやかって豆を使った
お菓子やスープを作ってお客様のお越しをお待ちしております。

まず本日の日替わりスープは北海道産の白インゲン豆のベースで、具材は菜の花と人参。
優しい味わいで滋養たっぷりのスープは心も体も温めてくれますよ。

お菓子はエジプト豆を使用したポルトガルの伝統菓子Pasteis de Graoです。
エジプト豆餡のタルトレット。
ポルトガル語ではこの愛らしいコロンとした形の豆をGrao de bico(グラオン デ ビッコ)と呼んでいます。日本ではエジプト豆、ヒヨコ豆、ガルバンソー、栗豆などと呼ばれていますね。
まずお豆を1晩水につけておきます。それからコトコト煮ます。
煮えたら裏ごしです。ポルトガルから持ってきたアンティ―クの裏こし器をクリクリまわして使います。(薄皮があるのでフードプロセッサ―とかつかちゃダメなんです!必ず手作業!)そのあと銅鍋にお水とグラニュー糖を入れて煮立てて、その中に裏ごししたお豆とイベリア半島産のアーモンドを混ぜて煮て、さらに卵黄をいれて練ります。できたエジプト豆餡を一晩冷まします。
ポルトガル式のタルトの皮を型に敷きこんで餡をいれてオーブンで焼きます。
時間も手間もかかるこのポルトガルの伝統菓子はリスボンではCastella do Pauloでしか作っていなかったなぁ。
 お味は、和菓子を彷彿させます。こくのある白あん??? いえ、和菓子よ、といってさしあげても異論を唱える人はいないでしょう、といえるくらい和の味わいです。不思議不思議のポルトガル菓子。ぜひとも食べにきてくださいませ。

 Pasteis de Grao(パステイシュ デ グラオン)
 3個入り 324円 税込
 

豆菓子

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 2月 2日(火)09時56分2秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
   梅の花は桜と違った可愛らしさがあります。
北野天満宮の梅苑も開かれ、受験シーズンでもあり
にぎわいをみせている京都 今出川御前の界隈であります。

 明日の2月3日は北野天満宮で無病息災を願って「北野追儺式」がおこなわれます。
特に注目すべきが「北野追儺狂言」と日本舞踊の奉納です。上七軒の芸妓はん舞妓さんが華やかに舞台を彩られます。

 とい明日通常の定休日ではありますがCastella do Pauloは営業いたします。翌日の木曜日に代休をとらせていただきます。

 Castella do Pauloポルトガル菓子店といたしましても、ポルトガルの豆菓子を披露させちただきます。今から豆を煮ます!!お楽しみに!!
 

シュミレーション

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 1月29日(金)16時48分26秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
  「お忙しいところ申し訳ありませんが、こんどポルトガルへ個人旅行でいきますのでなにかアドバイスをお願いいたします。」
そんなお客様が、京都 北野天満宮大鳥居すぐ東のカステラ ド パウロ ポルトガル菓子店にお越しになられました。

「はい、スリ対策をしっかりとお願いいたします。ではさっそくシュミレーションをいたしましょう。」

 リスボンのスリのことは8割がた把握しておりました経験から、私がスリ役となりいろんなスリ手口のバージョンを演じてさしあげました。
 そうだ、こんなことで私の嫌な経験も皆様のお役に立てることがわかりました。

ポルトガル旅行をお考えのお客様にスリ対策のシュミレーションをしてあげれます。
あ、もちろん私がスリ役です。

リスボンで悔しかったことは、スリ被害に合う観光客のかたたちを救えなかったことなんです。ここ日本でもスリ対策を実践して、巻き返しができるかもしれません。


 

炬燵に入れない

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 1月22日(金)22時41分38秒 softbank126094251031.bbtec.net
  京都も寒い日が続いております。
パウロは「日本人の発明で最も素晴らしいものが炬燵だ!」と言い切っておりますし
「炬燵の発案者はノーベル賞に値する」とも言っております。
近所のリサイクルショップで購入した炬燵は本当に重宝しております。

しかし、私は炬燵には入いりません。
炬燵は麻薬と一緒で中毒性と習慣性があり
一度やるとやめられなくなるから。

いつもパウロは私にも炬燵に入るように声をかけてくれますが、
炬燵の前に正座をしても、足を延ばして炬燵の中に入ったりは決していたしません。

私もパウロ同様に炬燵は素晴らしい冬を乗り切るための知恵のテーブルと思いますが
その麻薬みたいな中毒性を考えると怖くてはいれません。

炬燵でミカンよりテーブルでパォンデローとポートワインのほうが好き。

もうすぐ初天神。またうちの店にすごい数の人が押し寄せるんだろうな。今から楽しみ。
 

1.23 婚活パーティ

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 1月17日(日)16時53分34秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
   毎日カステラ ド パウロのまかない料理は私がポルトガル料理を作っております。
そのほうが簡単だし、ポルトガル菓子の専門店で働くみんなにポルトガルの家庭料理も知ってもらいたいから。
 で、こんど1月23日の夕方から婚活ワインパーティが我がカステラ ド パウロの2階であります。もちろんポルトガルワインを楽しんでもらうため。そのために私も料理を作らせていただきます。メニューは焼き赤ピーマンのマリネ、鰯のカナッペ(リスボンでよく通った缶詰バーの一押しの一品)、うちの店の定番のチキンパイ、干し鱈のコロッケ、
で、メインは肉料理にしようか魚料理にしようか迷っております。
 デザートはパウロが作るサプライズデザート。
楽しく飲んで食べてもらってカップル誕生すれば万々歳。
 さてさてどうなりますことやか、、、。お申し込みはお早めに。
お申込み、お問い合わせ ハニー・ビー 大浦(おおうら)さんまで
090-5054-9066
 

人と人の波

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 1月11日(月)22時20分50秒 softbank126094220038.bbtec.net
   この連休中にポルトガル リスボンでのカステラ ド パウロ菓子店を大いに応援してくださった
人たちが、ここ京都の北野天満宮すぐ横のカステラ ド パウロにわざわざ来てくださったことは
私とパウロの喜びであります。
 そして店の様子をみて喜んでくださる。
こうしてやっぱり人は人に支えられているんだとしみじみ思う。

私とパウロが日本でやろうとしていること、つまり「ポルトガル菓子を知ってもらうこと」は小さなことだ。
でもその小さなことをどんな風にやっていくのか
見守っててほしいと思う。
その小さなことなのに二人だけじゃできなくて、すでにとても多くの人の協力でやっていっている。
ヨーロッパの最果ての小さな国の小さなお菓子が、人と人を結び付ける波を作っている気がする。
私の友人の○○さんの知り合いの○○さんがポルトガル菓子店でお菓子を頬張る。
そしてまたその方の知り合いがカステラ ド パウロを訪れてくださる。
なんかその波は気持ちよく揺れている気がする。

とても愛される店をつくりたい。強くそう思う。
 

初詣

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 1月 6日(水)15時50分20秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
   本日1月6日は王様の日。つまりクリスマスシーズンの最終日でボーロレイを食べおさめる日。
しかしながら水曜日の我がCastella do  Paulo の定休日にあたりますので
昨日をボーロレイの作りおさめの日とさせていただきました。

ポルトガルのボーロレイは王冠のイメージでそのイースト生地の表面を色とりどりの砂糖漬けフルーツで飾って焼きます。かつては(現在はEUの保健衛生法で生地の中にブリンデを入れることを禁じられている。)、ブリンデ(小さなプレゼント)1つと乾燥したファヴァ(ソラマメ)1つが入っておりました。ブリンデの入っている一切れがが当たりでソラマメははずれ。ソラマメが入っている一切れ人があった多人は次のボーロレイを購入してなければなりません。ボルトガルでは12月にはいるとボーロレイをたべはじめます。とりわけクリスマスには欠かせません。ですのでクリスマスのボーロレイを食べてソラマメが入っていたひとはお正月用のボーロレイを買わなければなりません。
 フランスではソラマメが当たり。でもポルトガルは違うのです。
ただ現在はEUの食品衛生法によりブリンデとファヴァ(固いのでのどに詰まったらたいへん)は入れられません。本当に残念。 でもポルトガルでは今日はすごい数のボーロレイが作られて売られてポルトガル中の家庭で食べられます。

 長々とボーロレイの説明をしてしまいました。
私たちがポルトガルの店をたたんで日本へ引っ越してきた理由は
「ポルトガル菓子の世界」を日本中の人に知ってもらうため、だから。

今年はいろいろとポルトガルの豆を使った伝統菓子も作っていきたいと考えております。

定休日ではありますがパウロはカステラを焼いておりました。カステラを焼き終えてから
美味しい手打ちそばの喜の字屋さんでニシンそばとゆばそばで体を温めて平野神社へいきました。十月桜が咲いています。水仙も咲いております。そして樹齢400年の樟にハグして、私とパウロの初詣といたしました。今年も健康で働くぞー!!!



 

お正月

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2016年 1月 3日(日)20時58分37秒 softbank126094226027.bbtec.net
  2016年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

ポルトガルのクリスマスシーズンは1月6日の王様の日まで続くが
日本はクリスマスが終わる12月26日からお正月ムードに突入。
そして私共の店は4日間のお休みをいただき元旦の朝9時から営業いたしました。

毎月25日の天神さんよりすごい賑わい。
まわりのお商売をしてらっしゃる方から北野天満宮のすぐ横で初めてのお正月を迎えるために色々とアドバイスをいただきました。
「すごい人出やからバイトさんは10人は雇わないといけない。」
「朝早いほうが人出は多いわよ。」
「丁寧なアテンドなんかしてられないわよ。」

そんなこんなでこの3日間はお客様には大変申し訳ないことでしたが、使い捨ての紙コップでドリンクをサーヴィスさせてもらいました。私自身自分のポリシーにも反するし嫌だったけれど
背に腹は代えられません。
たくさんの人数のお客様を迎え入れなきゃいけないんですから、、、。
いっつもは1階のお客様にサーヴィスするお水はクリスタルのグラスですし、ほかのコップはポルトガルから持ってきたものですから、、、。本当にごめんなさい。

 でも今年も日本中の人にポルトガル菓子の世界を知ってもらうために精進してやっていきます。

 

ボーロレイの知名度アップ

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2015年12月26日(土)10時08分13秒 i125-201-122-48.s41.a026.ap.plala.or.jp
編集済
  12月25日のクリスマスが終わってほっとしました、というところだが、
25日は北野天満宮の終い天神さん。
クリスマスなんてどこにもなかった。
ただポルトガル人のお客様や外国人のお客様には「FELIZ NATAL」「メリークリスマス」とお声がけしました。
BOLO REI は結構気に入ってもらっております。
ちまたではシュトーレンはかなり知名度が高い。地味なドイツやオーストリアのクリスマスケーキ。ポルトガルのボーロレイのことなど誰も知らない。
 でも来年はもっと知名度をあげてやる。
ま、今年の12月24日は菓子業にかかわってはじめてのわけのわかんないクリスマスイヴでありました。やはり日本でのクリスマスは生クリームと苺のケーキ。でもでも1月6日までうちのというかポルトガルのクリスマスは続きます。
今も窯からでた焼きたてのボーロレイのいい匂いがしています。
 

すやの栗きんとん

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2015年12月 8日(火)13時07分0秒 i125-201-123-244.s41.a026.ap.plala.or.jp
  北野天満宮のモミジ苑が12月13日まで延期されたそうだ。
ということでお客様は引き続きたくさんいらしゃってくださる、ありがたいことです。

そんな中、名古屋から来た友人の手土産は「すやの栗きんとん」でございました。
私はこのお菓子は本当に素晴らしいと感心している。
その姿は愛らしくころんとした栗のかたち。
材料は栗とお砂糖。
いろいろと手土産をいただくけれどいろいろ入っている。
見た目もきれい。小包装で配りやすい。でもややこしいものが入っている中身って、どういうことなんかしら?と疑問におもっちゃう。

この「すやの栗きんとん」はポルトガルにいるときもなんどか頂戴しており、ポルトガル菓子に通じるものがあると考えているお菓子です。ポルトガル菓子も卵黄と砂糖のみでいろんなバリエーションがある。シンプルな材料だからこそ手間をかけて作り上げる。
いいお菓子の原点みたいなものがこのお菓子にはある。
とても見習いたいお菓子であります。

http://castelladopaulo.com

 

ボーロレイ

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2015年12月 6日(日)14時31分34秒 i125-201-123-244.s41.a026.ap.plala.or.jp
   今は毎週週末にポルトガルのクリスマスに欠かせないイースト菓子のボーロレイを焼いている。
ポルトガルでも今頃はどこのスーパーでもお菓子屋でもボーロレイがいっぱい焼かれて売られていることでしょう。だから美味しくないボーロレイもいっぱい売られている。そんな形だけボーロレイで中身どーでもええみたいなボーロレイに遭遇した人たちは
「ボーロレイは美味しくないから好きじゃない。」
というのです。
「あぁーーー、ちがうのよ、ちがうのよ。本当においしいパウロが作ったボーロレイを食べてみてよ。必ずボーロレイのこと好きになるから。」
そうして私はたくさんのパウロのボーロレイファンを獲得した。
昔みたいに乾燥したソラマメもブリンデ(鉛製の小物)も入っていないけど、やっぱりポルトガルの家庭では1月6日まで食べ続けられるクリスマス菓子であります。

 日本では12月25日までがクリスマスで26日からお正月デコレーションに早変わりするそうですが、我がCastella do Pauloは1月6日までクリスマスでいきますわ。

http://castelladopaulo.com

 

京都の紅葉

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2015年12月 2日(水)21時45分42秒 softbank126094252095.bbtec.net
   今年はまだ紅葉を楽しんでいない。
というわけで、本日は龍安寺、仁和寺、広隆寺、嵐山の紅葉を嵐電の1日券500円を利用して
行ってまいりました。
龍安寺の石庭はさすがで、拝観料500円の価値あります。
紅葉もなかなかのものでした。
ただ気になったのが、商店街の活気のなさ、、、、。
嵐電の龍安寺をおりても参道でお金をみんな落とさないんや。
なんか策はあらへんのやろか?

嵐山もきれいに色ついておりました。
私とパウロの目当てはアラビカコーヒー店。
すごい景観の場所のテイクアウトコーヒー店。エスプレッソは苦みが勝っていた。
ま、とにかくとてもはやっている店でした。
嵐山はすごい人出。

 今年の北野天満宮のもみじ苑は最後にみにいかなくちゃ、ね。
必ず、かけこみます。もみじ苑のライトアップは12月6日まで。



 

お皿をなめる少年

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2015年11月26日(木)12時08分46秒 softbank126094236051.bbtec.net
   いやはや毎日すごい忙しさ。
私とパウロはポルトガルでこういう忙しさに慣れているけれど
スタッフのみんなは大変や。
 毎日クリスマスからお正月にかけてみたいな忙しさやもんなぁ。
昨日は水曜日の定休日やったけど25日の天神さんの日に当たったので営業し、本日は振替休日。
しかしパウロは今も店の奥でカステラを焼いている。
 製造販売業とはまことに大変なものであります。
そやけど、お客さまから直に「ほんまに美味しい。」なんて言われると
嬉しくてしょうがない。

 先日も今の京都で1番人気の京料理屋さんの大女将さんから電話がありました。
「こないだおたくさんのお菓子をもらいましてん。変わってておいしおすなぁ。またうちのもんを買いにいかせますよってに
よろしゅうお願いいたします。」
(へぇーーーーーー・・・・・??????まじですか・・・・????? あの料亭の大女将さんがうちのお菓子(nata)
を気にいってくれはったなんて。)
私、電話のあと、受話器を握りしめたままお辞儀をいたしました。
ほんまにおおきにありがとうございます。ムィント オブリガ―ダ。

3日前の夕方のこと。お母さんに連れられて小学低学年?
の男の子がうちの店で喫茶ご利用。アイスクリームセットでバニラアイスとベイラリトラル地方の半熟タイプのパォンデローとカステラをご注文。
私はレジで他のお客様のお会計をしておりました。
すると、男の子が食べ終えたお皿を両手でもってべろべろとなめ始めたのです。
思わず拍手しました。
するとそのこのママがこういいました。
「本当にお行儀が悪くてすみません。でもこの子本当に美味しいものを食べたあとお皿をなめるんです。」

この親子が帰ったあと、テーブルをかたずけた。
すると本当にきれいになめられたお皿には何も残っておりませんでした。
もう嬉しくて笑いました。実際に目の前でお皿をなめるの見たのはじめてでした。
貴重なものをみさせていただきました。「少年よ、ありがとう、オブリガ―ダ!」
 

モミジよりカステラ

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2015年11月23日(月)08時10分14秒 i125-201-123-244.s41.a026.ap.plala.or.jp
  連休真っ最中。
このカステラ ド パウロ の根性試しのような営業日であります。
お客様がどんどん、わんわんやってくる。
もちろん開業日みたいにドン臭くなはい。
しかし、ポルトガル菓子の説明をするにも舌がまわらなくなるくらいの忙しさ。
そんな中「あら?これはタダの普通のカステラ?」
なんてお客様に言われると
ついついお言葉を返してしまうのであります。
「違います。夫パウロの入魂カステラです。日本に越してきたからこそカステラで勝負したい、という彼の闘志が入ったカステラなんです。お召し上がりになってもらいましたらわかっていただけると思います。」

 さ、製造販売業は売ったら作らねばなりません。
本日もう工房はエネルギーいっぱい。勝負の時間もうすぐスタート。
 

http://castelladopaulo.com

 

/9