新着順:16/358 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

大徳寺瑞峯院

 投稿者:智子ドゥアルテ  投稿日:2021年 5月20日(木)09時10分58秒 softbank126141160216.bbtec.net
  通報
  好きな場所がある。
大徳寺の瑞峯院だ。
その石庭に心落ち着かされ、十字架を意味する石に興味をそそられる。

ここへ来ると
石庭を眺めながらだと、素直な自分の考えをパウロに伝えられる。
仕事の話は野暮かもしれないけれど
今日は仕事の話をしたくてこの環境を選んだ、ともいえる。

そして今回は桐谷純子さんの陶芸展「今日的108のかた・ち」に心が踊らされる。
兎に角私がの好きな場所での個展はほっておけない。
しとしと雨ふりでも、見に行きますよ。

手に取って触っていい、器たち。

へ?触っていいの?

しっくりと器と空間がマッチしておりました。
わたくしなら何を盛りつけるだろうか?
肉厚の赤いパプリカを直火で焼いてヴィネガーとオリーブオイルであえたマリネ、やな。
アレンテージョ地方の陶器の村レドンドとエストレモーシュへ行く途中の村の食堂ではお客様が注文するたびに奥さんがパプリカを焼いてくれていたことを思い出した。
 
》記事一覧表示

新着順:16/358 《前のページ | 次のページ》
/358