新着順:11/249 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ボーロレイ

 投稿者:智子ドゥアルテ  投稿日:2018年12月 1日(土)14時55分33秒 i125-201-163-175.s41.a026.ap.plala.or.jp
  通報
   さて師走となりました。
今年も今日からボーロレイを毎週末に焼いております。

 初めてボーロレイを作るとき、飾り付けを手伝わせてもらえたことが
嬉しかった。これから始まるポルトガルのクリスマスがどんなものなのか楽しみでワクワクしたものです。と同時に仕事がすごく忙しくなりそうで怖かった、な。

4回目の京都でのボーロレイは、まだまだ孤独であります。
誰も知らない寂しいお菓子。
早く輝かせてあげたい。
ひのき舞台に出させてあげたい。

みんなが喜んでボーロレイを買ってくる日
早くくるようにしなきゃ。

ポルトガルに暮らしたことのある日本人は
ボーロレイを一度でも食べたら「美味しくないお菓子」と決めて
もう二度と買わない人が多い。
でもね、でもねパウロのボーロレイは今までの皆が食べてきたボーロレイと全然違うから
味わってもらいたいのですよ。
3日くらいすぎて固くなったら薄くスライスしてトーストして食べてもよし。
サッとバターを塗り、軽くグラニュー糖をふりかけてトーストしてもいい。
元が美味しいから固くなっても美味しい。

パウロはなんでいつもこんなに安定した美味しいボーロレイを作れるんだろう。
すごいや。
ホント、尊敬しております。

1月6日まで週末は焼きますのでご予約くださいませ。幸せを呼ぶ雄鶏の置物つきです。
 
》記事一覧表示

新着順:11/249 《前のページ | 次のページ》
/249