新着順:16/236 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

夏休み自由研究

 投稿者:智子 DUARTE  投稿日:2018年 8月 3日(金)15時09分25秒 i121-113-220-177.s41.a026.ap.plala.or.jp
  通報
  子供たちの夏休みは長い。(ポルトガルの3か月と比べると短いけど、、、)
そしてそのスケジュールを考える親も大変だ。

そこで夏休みの子供たちに
ポルトガルのベイラ・リトラル地方のパォンデローをパウロと一緒に焼いてもらう
お菓子作り体験を500円でやることにしました。
作ったあとはカステラと比較して食べてもらいます。
京都・美山のおいしい牛乳も飲んでもらいます。
今日は4歳と8歳の姉妹。可愛い女の子たち。
来週は男の子4名。次は女の子2人。その次も女の子2人。予約がどんどん入ってくる。
今の親御さんは大変だ!

私共は息子が8歳のときから一人でポルトガルから日本へ
送り込んおりました。送り先は私の実家であったり東京の友人宅であったり
岩手の農場というときもありました。
だから子供の夏休みは人任せであり、私自身が何一つ苦労することはなかったのです。
それにもとより私は仕事優先で「子育て放棄」に近い状態でありました。
ホント、今の親御さんは立派です。
 
》記事一覧表示

新着順:16/236 《前のページ | 次のページ》
/236