Project★Joshu



カテゴリ:[ スポーツ ]


42件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[42] 気持ちにお応えして

投稿者: トレーナー 投稿日:2017年 7月24日(月)11時20分17秒   通報

先日、T君のお父さんよりボールカゴを寄贈いただきました。
この場をお借りして御礼申し上げます。


ありがとうございました。


練習場での備品はそのほとんどを当方で揃えたものです。

使用頻度や傷み具合に応じて買い替えや補充を繰り替えていますが、費用的問題もあってスムーズに進まないものも…。

子ども達には、トレーニング機器や練習用具は大切に扱って欲しいと常々話しています。

ボールカゴの買い替えは最優先にしたいと考えていた矢先、思いがけないお心遣いにたいへん嬉しくなりました。

さて、入れ物が新しくなりました。
今度はこちらがT君のお父さんのお気持ちに応える番です。

カゴに入れる中身を何とか調達できないだろうか?と模索。

同じ中身なら、上州ボーイズの選手諸君のモチベーションがさらに上がるものを!

と言うことで、今週水曜日には思いが叶いそうです。


#16や#17がキャッチボール?

#1、#3、#10、#27、#60、#55のみなさんがバッティング練習?


答えは26日[水]に!


なお、今夏は上州ボーイズ専用として室内練習場用具庫にて保管します。

大切に、そしてしっかりと練習に活用してください。



※ネット上なので、選手の個人名に配慮しました。
ご了承ください。




[41] 野球選手のトレーニング計画

投稿者: トレーナー 投稿日:2017年 7月10日(月)15時21分33秒   通報

野球選手の目的別トレーニング計画

~真夏のトレーニング編~


トレーニングの成果はすぐに表れるものではありません。
勉強と同じで積み重ねが大切です。

暑さが厳しいこの時期は、練習そのものをきついと感じることがあるかと思います。
しかし新チームのみなさんは秋の大会に向けて、3年生は高校野球に向けて、どちらも大切な時期です。



【具体的にプログラムのご紹介、でもちょっとその前に…】

トレーニングは基礎体力の有無によってプログラムが異なります。

いわゆる「個別性の原則」です。

この基礎体力は月初めの月例測定で把握できています。
結果については即日発表しておりますので、ご子息様にご確認ください。

平日のトレーニングのなかで、その進捗状況を把握するために負荷やセット数をこちらから尋ねることがあります。

適正な重さでトレーニングしているのか?

インターバル(休憩時間)が長すぎないか?

セット数を正しく実施できているか?


ランダムに聞いてみています。


自分の負荷を把握できている。

おしゃべりタイムではなくて、次の準備としての休息。

漸進性の原則に沿って省略せずにできている。


これらをチェックしたり、アドバスしたりしながらトレーニングプログラムは進行していきます。



しかしその反対に、自分のトレーニング負荷をその都度聞いてくる選手がいます。

その都度、ほぼ毎回。

自分自身では覚えないようですが、それでは困ります。

自分の負荷数値やセット数は、人に覚えてもらって管理してもらうものではありません。

トレーニングの班編成も学年に偏りがないように、また目的別になるように工夫しています。

「誰々と一緒がいい」は小さい学年の子ども達ならまだわかりますが、同じチームで練習しているのです。

注意される方向性が少し違う選手がいます。


平日トレーニングの本来の目的から外れないように、中学生としての自覚をもってください。


真剣に取り組む選手には、さらに高いレベルでトレーニングできるように指導しています。

積み重ねてきた時間と取り組みでトレーニングのプログラムもアドバイスも異なります。



~真夏のトレーニング編~

●●Big3●●
◇スクワット
大殿筋、大腿四頭筋、ハムストリングス
強度:90%程度、回数:3~5回、セット数:2~3


◇ベンチプレス
大胸筋、小胸筋、上腕三頭筋、三角筋前部、烏口腕筋
強度:90%程度、回数:3~5回、セット数:2~3


◇パワー・クリーン
下腿三頭筋、大腿二頭筋、脊柱起立筋、僧帽筋、三角筋、前腕筋
強度:95%、回数:2回、セット数:3
※この前段としてハイプルなどの基礎プログラムができた選手のみ実施


●●Big5●●
◇クランチ
腹直筋、外(内)腹斜筋
20~30回×3~4セット


◇うつ伏せでのメディシンボール投げ
脊柱起立筋群、下部深背筋
20~30回×3~4セット


◇アップライト・ロウ
三角筋中・前部、僧帽筋、腕橈骨筋
8~12回×2~3セット


◇デッドリフト
脊柱起立筋群、下部深背筋、大殿筋、ハムストリングス、大腿四頭筋
8~10回×3~4セット


◇ベントオーバー・ロウ
広背筋、大円筋、三角筋後部、菱形筋
8~12回×3~4セット



[40] 文武両道の実際①

投稿者: トレーナー 投稿日:2017年 7月 4日(火)17時53分30秒   通報

扉を開けると中学生Aくんのニコニコした笑顔。

20時までの通常練習を終えて、エアコンが涼しい学習室に入っていくと学習担当のコーチから「ずっとニヤついているんですよぉ(笑)」の報告。

30分前から一足先に始まったこの日の文武両道の学習サポート。

ニコニコの理由を尋ねると「オレ、がんばって5教科で3●8点になったんですよ」と弾んだ声で答えが返ってきた。

誰かに言いたくてしょうがない表情とはこのこと。

「えっ?」
こちらもニヤついた表情で聞き直す。

「最初の頃は200点前半だったよね?伸びたね!」

少し前から定期テストの点数も良くなってきただけでなく、学習時間の取り組みが充実してきたことや質問の中身が変わってきたことを私自身が感じていた事実と学習担当のコーチ陣も同じ思いで評価していたこと。



このようなエピソードを紹介すると、『塾に行かなくちゃ成績は上がらないよぉ』とか『勉強教えてくれる人の力量や相性もあるからね~』などと一括りにした評論家のような声が聞こえそうですが、訂正させてください。

まず私たちがやっていることは“塾”ではありません。
名の有る学習塾のように、独自のテキストやテスト問題があるワケでもなく、確立された評価システムも近代的な設備もございません。

あるのはひとり1人を見守る目が多いこと。
学習担当のコーチは、彼ら自身も勉強と野球、文武両道を実践してきた青年です。

『そりゃ~最初から出来が違うよ。天才なんだろう!』と問われれば、それも訂正させてください。

ひと言で表せば、“正しい努力ができる若者”です。

彼らも元は3年間見守ってきた選手。
グラウンドでのスランプやケガだけでなく、勉強に四苦八苦する姿も見てきました。
しかし、投げださない、逃げ出さない。
愚直に(?)、無骨に(?)、目標の実現に向けて、身も心も労することができる若手たちです。



さてさて話しが少し逸れましたが、同じ経験をしてきた人に出会うと誰しも心強くなったり、何だか分かってくれると頼り甲斐を感じるようです。

この半年間で学習室に携わった青年は8名。
それぞれに勉強の方法、ノートの使い方、単語や公式の覚え方が違います。

『相性』をそうではないと言いきれたのは、そういった裏付けがあるから。

大勢の目が中学生を見守っています。
複数の声が中学生に語り掛けてます。



最もお伝えしたいことをもうひとつ、ふたつ・・・

Aくんの3●8点は、入学時からコツコツと1年間時間をかけて、自分の勉強(理解する、覚える)スタイルを確立したきた彼自身の努力の賜物であることは言うに及ばず。

その成長をじっと待ってくださった保護者の方のご理解も特筆です。

学力の向上に合わせるように、体力測定の数値も学年トップレベルになりました。
平日の時間の使い方もとても充実しています。
今後が期待できると確信をもって推せる中学生です。

そんなAくんと机を並べるBくん。
Bくんの5教科合計は4●1点。

「すげぇ~、なんでそんなにできるん?」と驚愕のAくん。

上には上がいる?

同じチーム、同じ土俵で頑張る中学生同士だから比べて価値が分かる。

もしも学習塾でそんな友達をみても、『アイツはレベルが違うから』の評価で終わってしまうかも?

比較は伸びるための要素ですね。

学習とトレーニング、共通するものがあります。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

文武両道プログラム
現在は夏休み中も継続して9月末まで。
1年生は同じく夏休みをはさむ6~9月で展開されています。

今夏も「Summer Special」を計画中!



[39] 成績を向上させる

投稿者: トレーナー 投稿日:2017年 4月12日(水)11時20分3秒   通報

3学期の定期テスト後、春休みをはさんでの取り組みは、『繰り返しテスト』。

繰り返すことでケアレスミスを防ぎ、うる覚えを確実なものへと理解を深めています。

定期テストは基礎学力の確認の場です。
できる問題を確実に解くことが成績につながります。

学習塾で難しい問題ができると優越感や満足感を得られることがあります。

しかし高校入試は難しい問題で構成されていません。



[38] ご連絡

投稿者: トレーナー 投稿日:2017年 4月11日(火)12時12分8秒   通報

月曜日、水曜日のバッティング練習が変わります。


10日[月]、コーチ巡回指導により選手権予選までの課題としてバッティングの説明と練習ポイントの指示がありました。

選手の皆さん
一緒に聞いていたと思います。
12日からは互いにポイントを確認しながら、チームとして同じ方向性をもって練習に励んでください。
なお、欠席などにより聞けなかった選手は自分から情報収集に努めてください。


平日の練習は上州ボーイズのコーチングスタッフの皆さんと適宜打ち合わせしております。
練習プログラムや育成の方針などを確認し合いながら、中学生それぞれの技術向上に繋げております。

★コンディショニングのアドバイスとして、着替えが必要です。



[37] 未来が大切だから、今がある

投稿者: トレーナー 投稿日:2017年 4月10日(月)15時47分49秒   通報

人間はかなり未熟な状態で誕生し、大人になるまでに様々な機能が発達します。

しかし、すべての要素が同じように発達していくのではなく、それぞれが特によく伸びる時期があります。

その時期にタイミング良く働きかけることによって、より効果的に能力を伸ばすことができます。

年齢や体力に合わせた働きかけで、中学生それぞれの 数年後を見据えているのが上州ボーイズだと思います。



[36] トレーニングメニュー

投稿者: トレーナー 投稿日:2017年 4月 4日(火)13時24分6秒   通報

■野球選手の目的別トレーニング計画
~シーズン中のトレーニング~


トレーニングの成果はすぐに表れるものではありません。
勉強と同じで積み重ねが大切です。



《筋力》
選手権予選に向けての準備期間。
もう一度、筋力の向上を目指すことが必要不可欠です。


《パワー》
選手権予選に向けての準備期間。
もう一度、パワーの向上を目指すことが必要不可欠です。


《柔軟性》
年間を通じて柔軟性の向上のストレッチングは大切な体力要素です。


《スピード&アジリティ》
ベースランニングを見直して、グラウンド練習では走塁の強化にも力を注ぐことをお勧めします。



【この時期のトレーニング】
シーズン中の代表的なトレーニング種目を記載しておきます。


その前に…
トレーニングは正しい動作の習得がとても大切です。

正しいフォームでできている選手には次の段階のトレーニングをアドバイスしています。
選手本人の成長と進行状況に応じてステップアップしていきます。

真剣に取り組む選手には、さらに高いレベルでトレーニングできるように指導しています。

見よう見まねはケガのもと。
積み重ねてきた時間と取り組みでトレーニングのプログラムもアドバイスも異なります。




●●Big3●●
◇スクワット
大殿筋、大腿四頭筋、ハムストリングス
強度:70%、回数:12回、セット数:3~4


◇ベンチプレス
大胸筋、小胸筋、上腕三頭筋、三角筋前部、烏口腕筋
強度:70%、回数:12回、セット数:3~4


◇パワー・クリーン
下腿三頭筋、大腿二頭筋、脊柱起立筋、僧帽筋、三角筋、前腕筋
強度:70%、回数:5~6回、セット数:3~4
※ハイプルなどの基礎ができた選手のみ


●●Big5●●
◇クランチ
腹直筋、外(内)腹斜筋
20~30回×3~4セット


◇うつ伏せでのメディシンボール投げ
脊柱起立筋群、下部深背筋
20~30回×3~4セット


◇アップライト・ロウ
三角筋中・前部、僧帽筋、腕橈骨筋
8~12回×2~3セット


◇デッドリフト
脊柱起立筋群、下部深背筋、大殿筋、ハムストリングス、大腿四頭筋
8~10回×3~4セット


◇ベントオーバー・ロウ
広背筋、大円筋、三角筋後部、菱形筋
8~12回×3~4セット



[35] 新たな取り組み

投稿者: トレーナー 投稿日:2017年 3月29日(水)21時01分28秒   通報

先日から試験的にPersonal Trainingを始めてみました。

この室内練習場、最大の特徴である基礎体力づくりとスポーツ障害の予防をさらに進めたいのですが・・・。

今晩の状況を考えると、どうしようかな?と躊躇してします。

もう少し熟考してみたいと思います。



[34] ご連絡

投稿者: トレーナー 投稿日:2017年 3月22日(水)21時27分6秒   通報

今日の練習で、投球障害を予防するためエクササイズをご紹介しました。

他にも、野球肘を防ぐためのストレッチやスポーツ栄養などのプリントを室内練習場に掲示しております。

今日まではWBCの新聞切り抜きも!

ここでの時間がさらに有意義なものになるように。

新チームの全員を応援していますが、取り組む姿勢はまちまち。

もう少し真剣に向き合う姿勢があれば、まだまだ飛躍できると思います。



[33] 文武両道プログラム、参加者募集中!

投稿者: トレーナー 投稿日:2017年 3月15日(水)16時44分27秒   通報

学年末の定期試験が終了した3月。

毎週月、水曜日の学習は早くも次のステップへ。

春休みまでにここまでの振り返り(総復習)に取り組んでいます。

学校の先生方にお聞きして評判の高い中1‐2の弱点解決ドリルを活用し、4段階チェック方式で進行中です。

①つまずき
多くの中学生がつまずくポイントをピックアップ。

②要点確認
基本中の基本をチェックしています。

③実戦力
高校入試でよく出題される観点ごとにまとめられたテストで実戦力を養っています。

④完成テスト
セクション毎のまとめテストで完了です。

★弱点の見つかったところは、学習コーチがその場で解説。
必要な勉強範囲と出来ている範囲を明確にしています。

そうこれは中学入学時に、『無料学習サポート』でやった繰り返す学習方法。

あやふやなまま過ぎてしまい後で困ることのないように!

現1~2年生の保護者の皆さま、高校入試の対策はここが肝です。
ご理解あるご家庭の参加を募っています。


レンタル掲示板
42件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.