teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


羊蹄丸

 投稿者:なか  投稿日:2012年 9月25日(火)17時35分20秒
返信・引用
  現在、多度津港で解撤中の羊蹄丸ですが、せめて船名版の部分だけでも八甲田丸に
持ってこられないものでしょうかね。
 
 

Re: 羊蹄丸の青函ワールドのジオラマについて

 投稿者:もと  投稿日:2012年 7月23日(月)11時27分40秒
返信・引用
  はじめまして。
青函ワールドジオラマ、八甲田丸にどの程度展示されるのでしょうね。
ななさんのおっしゃるように、近くの施設を活用していろいろ見れるようになるといいなと思います。
7月29日のフォーラムでは青函連絡船の映像が流されるそうですが
なかなか感動的なものらしいので見てみたいです。
そういう資料映像などが見れるところもできるといいなあ。
http://nokoshitai.web.fc2.com/
 

羊蹄丸の青函ワールドのジオラマについて

 投稿者:なな  投稿日:2012年 5月 5日(土)21時22分14秒
返信・引用
  もし八甲田丸にスペースがなければ近くの空いた資料館とか施設などに展示してみてはいかがでしょうか?八甲田丸に近い場所に作れば、船と昭和30年代の青森を両方楽しめると思います。

また八甲田丸のレストランが空いているならそこへ展示してみては?
 

グッズの例えですが

 投稿者:なな  投稿日:2012年 5月 3日(木)23時17分1秒
返信・引用
  横浜市にある みなと博物館では所有する帆船 日本丸のクリアファイルやグッズがあります

また横浜市の郵船歴史博物館では氷川丸のグッズを販売しています

それぞれの施設により、やり方は違うと思いますが、各種類の青函連絡船のクリアファイル、ポストカード、ピンバッジ、ストラップ、根付けなどお土産として買いやすいものがあれば欲しいです。出来れば楽天、ヤフーなどに出展していただけたらとても買いやすいです。
 

グッズについて

 投稿者:なな  投稿日:2012年 5月 3日(木)23時01分35秒
返信・引用
  ポストカードやクリアファイル、ストラップなど色々な青函連絡船のを製作して販売していただけないでしょうか?

青函連絡船グッズを販売しているところは数少ないと思いますし、手軽にインターネットの通信販売でも買えるようにしていただきたいと思います。そしたらぜひ買わせていただきますので。なかなか東京から行くのが出来ませんので要望いたします。
 

羊蹄丸展示物について

 投稿者:なな  投稿日:2012年 5月 3日(木)22時56分4秒
返信・引用
  こちらに引き取られるそうで。一部では全てお引き取りして展示していただけないでしょうか?市場から駅、ストーブの周り、そして列車など。船の科学館には大好きでよく通っていました。羊蹄丸の展示物も何かの形で残してほしいと要望の手紙も寄せました…

そして数日前にこちらに引き取られるというのをインターネットで知り、こうして書き込みました。
どうか切実にお願いいたします。ジオラマ全てを青函連絡船に乗せてくださいませ
 

残さなくてはならない

 投稿者:元青森市民  投稿日:2012年 2月 3日(金)04時13分32秒
返信・引用
  羊蹄丸が短期間の公開後、解体が決まり残すは八甲田丸、摩周丸だけとなってしまい悔やまれるしだいです。
機械遺産に認定されたことですし後世に伝えていかなくてはならないものです。
COCOKARAさんの投稿にもありますが、グッズはまだ増やした方がいいですね。
JRや有識者の協力を得て現役当時、船内売店で売られてたグッズの復刻などはどうでしょうか。これは摩周丸と共同で行うと効果あると思いませんか?
 

自慢の船を存続してほしい

 投稿者:COCOKARA  投稿日:2012年 1月 9日(月)22時46分58秒
返信・引用
  3日間の青森旅行の締めくくりに八甲田丸を見学しました。
ブリッジや機関室など就航当時の姿が残されており機械遺産に認定されたことが納得できました。
また、現役当時北海道に旅する時に利用した当時の記憶がよみがえりなつかしさを感じました。
何よりラッキーだったのが車両甲板に展示されている郵便車の車内を見学できたこと。スタッフの
方のわかりやすい説明で郵便車の機能や役割を知ることができました。
ただ、気になったのが、展示物についてシミュレーターなど調整中の張り紙がされていたものが
目についたことです。どうしても機械なのでトラブルがつきものだとは思いますが、できるだけ
観光客のことも考えて使えるような状態にしてほしいと思いました。
もう1つ、グッズの種類をもう少し増やしてもいいのでは?と思いました。
新幹線効果で利用客が増加しているそうですが、記念のおみやげを充実させ船の存続寄付金を
入れて売るなどしてみてもよいかと思います。
青森のシンボルである八甲田丸を見れて友人に自慢の土産話が1つ増えました。
今後の存続について議論されているようですが、役所だけに運営を依存せず広く民間などからも
寄付金を募り残すように努め、後世に伝えていってほしいと思います。
 

yahooニュースで・・

 投稿者:急行「八甲田」B寝台  投稿日:2012年 1月 9日(月)11時33分52秒
返信・引用
  今日のyahooニュースに「八甲田丸、存続か廃船か」の記事が書かれてありました。
お台場の「羊蹄丸」の廃船も色濃くなって来ている最中、この話題はショッキングでもありました。
函館の「摩周丸」も決して順風では無い様で、どこの連絡船も資金面で苦しんでいるのかと改めて思いました。
会員として本当にささやかながら会費を納入させて頂いていますが、
あまりにも微力過ぎて虚脱感を覚えました。

今後、展示物のみならず、現存する「可動橋」を実際に使っての貨車入れ替えを再現させる等(JRさんの協力がかなり大ですが)を行えれば、あのダイナミックさが後世にも伝えられ、入場者数も増えるのかと思うのですが・・

函館駅でいつも聞こえていた「2(フタ)メーター!1(ヒト)メーター!」の
入れ替え風景が思い出されます。

実現には相当な壁があるとは思いますが、一歩踏み込んだイベントなどを考案されては如何でしょうか?
是非とも、存続を希望し、応援させて頂きます。
 

また北山船長のお話を聞きたい!

 投稿者:サブロー  投稿日:2011年11月14日(月)13時17分1秒
返信・引用
  去年の夏に八甲田丸を観光した時にボランティアでたまたま?来ていた北山船長にお話を伺うことが出来ました。
自分は北山船長の素晴らしいお話に魅了され、もう1度お話を伺いたいのですか、住んでいる場所が神奈川な上に学生のため青森まで行く事は経済的にも距離的にも簡単な事ではありません、そして行けたとしても北山船長が居なければ行き損です。
そこでどなたか北山船長が八甲田丸でガイドをする日を知っていたら是非教えて欲しいのですが・・・
教えて下さるのであればレスでお願いしますm(_ _)m
 

レンタル掲示板
/7